Vラインの黒ずみには皮膚科の処方薬を

皮膚科でのVラインの黒ずみ治療法に、処方薬があります。
黒ずみに塗る処方薬が、ハイドロキノンとトレチノインです。
ハイドロキノンは肌の漂白剤と呼ばれるほど、美白効果が高い処方薬です。
メラニンの数を減らしメラニンの生成抑える作用があり、Vラインの黒ずみには効果的です。

トレチノインはビタミンA誘導体で、ハイドロキノンの浸透を良くする処方薬です。
またピーリング効果もあるため、肌にたまった古い角質をはがし黒ずみをなくす効果もあります。

これらの処方薬は効果が高いゆえ、刺激が強いという特徴があります。
ハイドロキノンが配合された市販品もありますが、自己判断で使用をするのはおすめしません。
皮膚科で肌に合わせて処方をしてもらう方が、安全に使用できおすすめです。

またどちらの処方薬も、皮膚科では保険の適用がされません。
皮膚科での治療とはいっても美容診療と見なされるため、保険が効かないのです。
治療費が高額になりますので、事前に皮膚科でどのくらいの治療費になるか確認をしておくことをおすすめします。

サブコンテンツ

このページの先頭へ